タグ:絵本・童話 ( 2 ) タグの人気記事

ぼくのこと 3

e0256199_23131328.jpg


あたたかいお部屋でゆうちゃんとあそびながら
「ぼく、この家の子になったんだ!」
「もうひとりぼっちでねむらなくてもい~んだ!」ってわかったんだ

もうさびしくないもん!
すごくうれしかった =(^O^)=

「ただいま~ 」
男の子の大きな声が聞こえた
ゆうちゃんにはおにいちゃんがいたんだ!
おにいちゃんもスイミングから帰ってきたのさ

「あれ? このちびねこ、どうしたの?」

「あのね、この子ぼくのロッカーでぼくのことまってたんだよ~ 」
「ぼくのこと好きなんだ! だからさー ・・・ 」
ゆうちゃんがいっしょうけんめい おにいちゃんに話している

ぼくも 「えっとね、かあさんがー ぼくをー だっこしてぇー それでー ・・・」
っておしゃべりした。
ゆうちゃんには 「ニャ、ニャーニャー ニャアー 」 って聞こえたみたいだけど
おにいちゃんはぼくのネコ語がすこしわかったと思うよ v(^ω^)


ごはん作っていたかあさんが、「 その子、なんてなまえにしようか? 」って
そしたら すぐにおにいちゃんが 
「ぜったい ぷんた!」
ゆうちゃんも
「ぜったい ぷんたが いー 」
かあさん
「でもこの子、女の子だよ?・・・」
それでもふたりで
「ぜったい ぷんた! ぷんたがいー 」
それで ぼくは「 ぷんた 」ってよばれることになったの \(=^.^=)/

なんでふたりが "ぷんた"って決めてくれたかって?
それはね、そのころかあさんがふたりに何回も読んでいたお話があってね
「はらぺこプンタ」 って言うおはなし。
そのプンタのことが二人とも大好きなんだって

だいすきな名前をつけてもらったぼくはとってもごきげんで
「ぷんた!」 ってだれかが言うと
「あ、ぼくのことよんでるんだ!」ってすぐにわかったよ
だからすぐ 「にゃ~」 っておへんじできたしね =(^Ω^)=


あ、いっしょに写っているのは「ミーシャ 」
ぼくにもお兄ちゃんができたんだよ!
良かったでしょ!?
ミーシャにいちゃんとぼくのことは
またこんどお話しするね


かあさんのひとこと

「はらぺこプンタ」/ 武井博作 ; 赤坂三好絵. -- (講談社の幼年創作童話)
                (ライフログ 貼ってあります!)

とってもくいしんぼうなイタチの "プンタ" のお話です
でも プンタ はとってもやさしいのです。
お腹が空いて卵を集めたのは良いけれど・・・
さあどうする? 
プンタ 

大人も楽しめるとってもオススメな おはなし です
お子さまに是非読んであげて下さいね!
[PR]

by punta-cat | 2012-03-09 23:25 | ぼく、ぷんたのこと

みーたろう

e0256199_20293316.jpg


みーたろう はね、とっても甘えん坊な男の子さ!
やっぱり 近所のおばさんのところで 世話になっていた子なんだけど
いつも 「み~ み~」 って鳴いて ぼくのかあさんのところに近寄ってくるんだ。
なんかねぇ、 「にゃー」 って男の子らしく 鳴けないのかなぁ  =^。^=
だから かあさんは みーたろう って呼んでたよ。
おばさんとは別にね。
あの、 いっぱいあってなぁ だね *注1 

e0256199_20424021.jpg

美男だし、甘え上手だし・・ きれい好きだし 
みーたろうは 猫好きな人たちにいちばんの人気があったね。
でもね、ホントは心から人間に気をゆるしてはいなかったんだよ。
しかたないさ・・・ だって野良で生まれた子だもの。
それが野良猫ってものさ・・・

e0256199_20534825.jpg

ある日、また 「 み~み~」  って鳴いていたら
小学生の女の子とお母さんが 通りかかったんだ。
そして みーたろう に一目惚れしちゃったってわけ 。

それから その女の子とお母さんは
みーたろうに 会いたくて 熱心に通って来たよ。
ぼくもびっくりするくらいね。

そんなに愛されて、みーたろう は きっと すごくうれしかったんだね =^。^=
スリスリ  「だっこしてぇ み~み~」  スリスリ
とうとう ほんとう心からに甘えたよ
そりゃあ そうだよね~

そんなわけで、みーたろうは その女の子のお家の子になったのさ

Happy!! Happy!!

こんどは なんてなまえで 呼ばれているのかなぁ??


< かあさんの一言 >
少し前に撮った ケータイ写真でごめんなさい



*注1: 斉藤 洋 著 「ルドルフとイッパイアッテナ」 とってもおもしろいよ! 大人もたのしめるよ!
[PR]

by punta-cat | 2011-10-22 21:27 | 野良猫