タグ:家族猫 ( 3 ) タグの人気記事

ぼくのこと 3

e0256199_23131328.jpg


あたたかいお部屋でゆうちゃんとあそびながら
「ぼく、この家の子になったんだ!」
「もうひとりぼっちでねむらなくてもい~んだ!」ってわかったんだ

もうさびしくないもん!
すごくうれしかった =(^O^)=

「ただいま~ 」
男の子の大きな声が聞こえた
ゆうちゃんにはおにいちゃんがいたんだ!
おにいちゃんもスイミングから帰ってきたのさ

「あれ? このちびねこ、どうしたの?」

「あのね、この子ぼくのロッカーでぼくのことまってたんだよ~ 」
「ぼくのこと好きなんだ! だからさー ・・・ 」
ゆうちゃんがいっしょうけんめい おにいちゃんに話している

ぼくも 「えっとね、かあさんがー ぼくをー だっこしてぇー それでー ・・・」
っておしゃべりした。
ゆうちゃんには 「ニャ、ニャーニャー ニャアー 」 って聞こえたみたいだけど
おにいちゃんはぼくのネコ語がすこしわかったと思うよ v(^ω^)


ごはん作っていたかあさんが、「 その子、なんてなまえにしようか? 」って
そしたら すぐにおにいちゃんが 
「ぜったい ぷんた!」
ゆうちゃんも
「ぜったい ぷんたが いー 」
かあさん
「でもこの子、女の子だよ?・・・」
それでもふたりで
「ぜったい ぷんた! ぷんたがいー 」
それで ぼくは「 ぷんた 」ってよばれることになったの \(=^.^=)/

なんでふたりが "ぷんた"って決めてくれたかって?
それはね、そのころかあさんがふたりに何回も読んでいたお話があってね
「はらぺこプンタ」 って言うおはなし。
そのプンタのことが二人とも大好きなんだって

だいすきな名前をつけてもらったぼくはとってもごきげんで
「ぷんた!」 ってだれかが言うと
「あ、ぼくのことよんでるんだ!」ってすぐにわかったよ
だからすぐ 「にゃ~」 っておへんじできたしね =(^Ω^)=


あ、いっしょに写っているのは「ミーシャ 」
ぼくにもお兄ちゃんができたんだよ!
良かったでしょ!?
ミーシャにいちゃんとぼくのことは
またこんどお話しするね


かあさんのひとこと

「はらぺこプンタ」/ 武井博作 ; 赤坂三好絵. -- (講談社の幼年創作童話)
                (ライフログ 貼ってあります!)

とってもくいしんぼうなイタチの "プンタ" のお話です
でも プンタ はとってもやさしいのです。
お腹が空いて卵を集めたのは良いけれど・・・
さあどうする? 
プンタ 

大人も楽しめるとってもオススメな おはなし です
お子さまに是非読んであげて下さいね!
[PR]

by punta-cat | 2012-03-09 23:25 | ぼく、ぷんたのこと

ぼくのこと 2

e0256199_23323848.jpg


ぼくのことおはなしするの久しぶりになっちゃったね =(_Ω_)=

「きもちいーなぁ」 って思いながら しばらくゆーらゆーら ゆられてたのさ
「ゆらゆらが止まったぞ?」 って思ったら
こんどは ひょい!ってつまみ出されて ぽん!ってせまいところに入れられたのさ
「あれれぇ?」って思ったとたん、ガチャンって音がしてまっくらになっちゃった =(Ꮽ ᐁ Ꮽ)=
でも、なんかフカフカしたものの上だったから
ぼくはまた 「まぁいーや」 ってのんきにねてしまったんだ。

どのくらいたったのかなぁ?
またガチャンって音がしてこんどは 明るくなったよ
まぶしくてお目々をこすりながら見たら 
ぼくみたいにちっちゃいはだかんぼの男の子が まんまるい目をしてぼくを見てた!
「え~ なんで? ねこがいるよ~~ びっくり!!」 とかなんとか言ってた
びっくりしたのはぼくのほうだよホント =(@o@)=

男の子は
「ねーママ、どうしてぼくのロッカーにねこちゃんがいるのかなぁ?」 って言うから
ぼくはすぐに 「そうか、この子かあさんの子なんだ!」 ってわかったよ (おりこうでしょ!)
かあさんたらすました顔で
「え~ほんとねこちゃんがいる! なんでかなぁ??ふしぎだねぇ??」 なんてまったくのんきだよ 
「 『きっと これはねこが好きな子のロッカーだ! ここに入っていよう!』 って思って入ったんだね!」
「ぜったいそうだよ!」
ぼくは、「うそだ~うそだ~、かあさんがいれたんだ~」 って言ったけど
かあさんと男の子には 「にゃぁにゃぁ にゃぁ~」 と聞こえたみたい =(~ʘ̌~)=

「ねぇママ、ねこちゃんどうするの?」
「どうしようか? ゆーちゃんはどうする?」
「かいたい!かいた~い!かいた~~~い!」
「だってこのねこちゃん、ぼくのこと好きだからぼくのロッカーにいたんだもん!」
「そうかぁ、かいたいかぁ? じゃぁどうやってお家につれてくの?」
「ぼくがだっこしてく!」 なんてふたりで言っていたけど、
もちろんぼくも 「にゃぁにゃぁ (つれてってつれてって!)」って仲間に入ったさ

そしたら、着替えが終わったゆーちゃん (もう名前おぼえたもん!) がだっこしてくれて
かあさんはゆーちゃんにジャンパーを着せて、ぼくごとファスナーをしめてくれたよ
ゆーちゃんはスイミングに来ていたんだ!
ぼくは、ゆーちゃんのジャンパーから顔だけ出してまたゆらゆら小さくゆられた!
かあさんほどじゃないけど やっぱりあったかくてきもちいーからじぃっとだっこされていたんだ
スイミングのバスの中でもゆーちゃんとちょっとあそんだだけで、ゆーちゃんのジャンパーの中でおとなしくしていたんだ
ぼくはもうすっかりゆーちゃんが大好きになっちゃったんだもん =(^0^)=

お家に着いたらミルクをもらったなぁ
それからあったか~いしめったタオルでゴシゴシされたけどね
おふろから出てきたゆーちゃんが、またガウンの中に入れてくれたから
こんどは思いっきりじゃれていっしょに遊んだんだ!
すご~く楽しかったなぁ


ぼくのお話、またこんどするね
おたのしみに!



   かあさんのブログ
ぷんたのかあさん Photo徒然草
    もよろしくニャ
    =^o^= 
[PR]

by punta-cat | 2012-01-21 23:43 | ぼく、ぷんたのこと

ぼくのこと

e0256199_2255718.jpg


はじめまして! ぷんたです。
これでも 女の子なんだよぉ

これから いろいろな お話をしていくよ! 
よろしくね。

ぼくが生まれてから いちばんはじめに覚えているのは
かあさんを見つけた時なんだ。
生まれた時のこととか、産んでくれたママのことは なんにも覚えていないのさ。

たしか、車が通る道を ひとりで トボトボ歩いていたっけ・・・
さむ~い季節だった。 冷たい風もひゅーひゅー してた。
ベンチがいくつかある小さい小さい公園に 人間のママたちが何人かいるのが見えたんだ。
お腹がすいていたぼくは 「何かもらえるかなぁ?」 とそっちの方 にフラフラって 近よって行ったさ
ママたちが 「まぁ、かわいい子猫!」 とか 「おいで!」 とか言ってくれた。

でも・・・
その時ぼくはかあさんの目を見てしまったんだ!
なにも言ってくれないけど 
「いちばんむこうにいる ママのところに行こう!」 って決心したんだ。
あとは、まっすぐさ。 
お菓子を見せてくれたママもいたけどね。
なぜか、もう かあさんしか ぼくの目には入らなかった。
まっすぐまっすぐ トコトコトコトコ 早足になって かあさん目指した。

かあさんは、だまったまま ぼくの頭をなでてくれた。
ぼくも 「みゃ~」 って一回だけないて かあさんの足元に スリスリしちゃったさ
かあさんは しばらくなでてから だっこしてくれた。
あいかわらず だまったままだったけどね
ぼくは ゴロゴロ って したかったけど・・・
まだ小さすぎて ゴロゴロのしかたも知らなかったなぁ  =^_^=

きもちよくて うれしくて うとうとしそうになったとき
いきなり 暗くてあったか~い ところに入れられた!
「なんだ?? なんだ??」
「ん~ きもちいいからじっとしてよっと!!」


ぼくのお話、またいつかするね。
おたのしみに!

< かあさんの一言 >
ホント、きみは ママたちの間を抜けて まっすぐに かあさんの所に来たっけ
かあさん、びっくりして ちょっと戸惑ったよ (笑)

[PR]

by punta-cat | 2011-10-20 22:53 | ぼく、ぷんたのこと